はきだめ

たのしくいきたい

一緒の空間にいて、かつ、わたしが肌を擦り付けていないと忘れられてしまいそうな気持

忙しく、連絡も、簡素で素っ気ないもので、ああこうしてすれ違って消えていくのかしらなんて想像で勝手に悲しくなる

忘れないでよ嫌わないでよわたしは好きよずっと好きよ忘れないから忘れないで