読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はきだめ

たのしくいきたい

どんどん減っていった手帳と日記の情報量

春だったなぁなんて思いながら見返しています、春だったんだよ

ふゆの寒さは寝たきりでひきこもりの筋肉のないわたしにはとてもつらいもので、年々衰弱していく体と心を明日は生きれるか明後日は生きれるかと遠い未来を思うことをはばかってくるのでした

痛みに慣れてしまって次は死、に向かうことに慣れていくのだろうかしら、生への実感は既に氷の溶けきったジュースなんかよりずっと薄くてぬるいからどうにかしなきゃいけないどうにか、よき生活を

眠たい頭でぼんやりとかく文章なので明日の朝には忘れちゃうかな、やだな

夜に書いた手紙は、次の日の朝読み返して恥ずかしくなって捨ててしまうよね、いままでちゃんと出せた手紙なんて1通もなかったよ

昂ぶるこころを持続させて、文章に起こすのが下手くそなんですよ、ファンレターとか、ラブレター苦手です愛を書き起すなんてそんな

わたしの文章って乱雑でぬるりとしていて気持ち悪いなぁと思いました、まる