はきだめ

たのしくいきたい

なんとなくだけど携帯の画面を見てると泣きそうな気持ちがわらわらと溢れ出てきて「どうしたものかな~」って冷静沈着なわたしが真顔でう~んって悩んでる

こんな寒い日は外になんか出たくないし、暖房設備がほぼ無い部屋はとてもさむいので、自分の布団からすら出たくない、

どうでもいい~ひとに誘われたからひまだしまぁ外に出る為の口実か、なんて二つ返事でいいよ、なんて言ってしまったので今日は渋谷に行かなくてはならない

安くはないお金がどうでもいいことに消えていく、なぁと思って嫌な気持ちになる

必死こいてはたらいて手にした完全歩合のお給料、わたしの体と心をすり減らして手に入れたんだ、どうでもいい人と会って酒を飲んでしゃべって、という心をすり減らすことに使いたくない、すごく!もしかしなくても体もすり減らしているのでは?と思うけど

嫌だったらことわればいいのだけれど、ね!