はきだめ

たのしくいきたい

将来のことをかんがえる、志望理由と将来の夢を提示しなきゃちゃんと生きられないんだってさ、感覚に頼って生きるのはあまり推奨されていない

理由を掘り下げて、分析して、反映させて、分析、理詰めの活動

あたまわるいので社会的なこういうことすごく苦手だから全部逃げたいけどしなきゃいけないからするのでした、しなきゃいけない、やらなきゃいけないを少しづつでも消化できるようになってきたかしらわたし、変われてるかしら

いままで殺してきた長い長い無為な時間は無駄ではなかったと信じたいけれど

ひとは何かを為すために生きているのならばその期間きっとわたしは死んでいたのでしょうね

400字程度で表す将来の夢なんて、莫大な自分の思想や思考や今までの葛藤含めたらたぶん1mmも表現できないので文章化やっぱり嫌いだ

 

どこまでも果てしなく愛おしい、わたしの顔をのぞきこむあなたの顔がとてもやさしく愛おしそうに微笑んでいるのをまざまざと見てしまったのでわたしのたまらなく好きな気持がおおきくおおきく広がっていくのでした

日記に書かないしあわせはたくさんため込んでいて、それを反芻しては幸せな気持ちになるハッピーな毎日です

オレンジ色の電車でわたしとわたしの愛も杞憂も憂鬱もぜんぶ攫っていっておくれ

気持ちがジェットコースターみたいにあがったりさがったりするんだよ、期待させるから期待したら落ちていく、落ちるたんびに些細なことできもちも持ち上がって持ち上がるとまたおちる、ずっとそんなことを繰り返している

平坦をずっとのぞんでいきてきたけどきっと死ぬまで平々凡々真っ平らライフなんて出来ないからあきらめたい

期待して諦めきれないきもちをちゃんと縊り殺せないから悲しくなってしまうの、わかりきってるんだけどなあ

言葉じりを拾ってかなしくなったりうれしくなったり、そんなの若いうちだけだったなあと皆さんはおっしゃるので今のうちだけこの新鮮な感受性を死なない程度に抱きしめておけばいいのかな

あっねえわたしに疲れてるでしょいま嫌だなあっておもったでしょちょっとそっけなくなってないですか気のせいですかねえちょっとちょっとわたしは不安でとてもかなしいよ人を好きになるということはとてもつらいからいつもやめようなんて思うのにいつもいつも馬鹿なんじゃなかろうかつぎなんてもうないんだろうかニキビを潰したら痛くて痒いじぶんは美しくないし可愛げもなく下品な品性であるからきっといやになってしまうよかなしいうるうると涙がすんでのところで飛び降りるのをやめてる嫌われる前に好きじゃなくなるように思うのは馬鹿なことでしょう何も得られやしないけど傷つかなくてもいいんだよ防衛本能だきっときっとできやしないはじめての駅でであったあたらしい恋だきょうこそはという毎日馬鹿でしょ馬鹿でしょうニキビの跡がひりひり痛くて痒くてつらい

仕事という宗教にハマりネズミ講紛いをやっているむかしむかしだいすきだったひとの話を友人らとしたので、なんとなく思いを馳せているよ

話をしていてでた涙は彼への愛か過去への悔恨かわからないけど

気持ちのお墓思い出のお墓をちゃんと作ってあげなきゃいけないかな

さよなら、あんなに好きだったけど

きれい、きもい

きらい!

ああしあわせだなあ、と思うことがあっても夜、目覚めてしまうと幸せの非永続性と終わりゆくであろう悲しみと独り善がりの幸せだなんだのと考えてとても悲しくなってしまう

あの瞬間あのひとときが一生続けばということばかり考えて足踏み、未来の近い場所しか見ることが出来なくて杞憂で首を絞める

延長して延長していきたい終わっていくものばかりだ

終わっていくものばかりみてしまうだからさらさらいきられないんだ、

どうなったってゆるやかに生きれば急勾配人生にはきっと殺されないよね、擦り傷だけを負って生きよう明日は服を見て、バレンタインのためにいろいろと考えよう、そうしよう

読まなくていいよ

母親の望む道筋を踏まんとし邁進してまいりましたが無理が祟り心を壊したことがございますそれゆえ母親のことが大嫌いでありますわたしのびょうきの所以は母親ですけれど飼い慣らされたものですので噛み付く気力もなく自分の個と彼女の個を対決させることは理解をしない示そうともしない相手には全く道理が通らず面倒になってはただ死を望むのでありましたわたしのきょうだいはとても頭がよく、すべてを見通してすべてをうまく利用して生きてまいりました馬鹿の振りをして馬鹿を見た振りをして上手いこと生きているのでした彼は非常に奔放に育ったのでわたしはいつも彼が羨ましかったのですでも学業という枠の中では私の方が上でありましたのでまだプライドを保つことが出来ましたがそんな枠組みがなくなってしまえばわたしは出来損ないの頭でっかち、精神病のヒステリック女で社会不適合者、彼とは違いコンプレックスにまみれた寄生虫でありますああお前らみんな嫌いだいっそ蔵にでも突っ込んで餓死でもさせてくれればいいのに残酷だなぁ目の前で火でもかぶって死んでやりたいと優しい優しい家族に対してそんなことを思ってはいけませんよね問い詰められたからといってすぐに辛い気持ちになって吐いてしまったりするのは私のこころがわるいのでもうどうだっていいやよくないわたしは生きたい生きたい生きたい自分の足で立ちたいお前らなぞ嫌いだ死んでしまえ根本でいえばわたしを殺しかけた父の方がもっと好きだ尊敬しているみんな気狂いだあっ早く死にたいあの時もあの時もあの時も全部死にそこねたの、よ鏡を見たらひどく醜い顔があったので殴っておいた痛いなあひどいなあこころのつらいほうがずっとつらいのでたいばつですべてわからせてほしい対話を捨てる対話をすてるさらばさらばおさらば殺せこころぜんぶきらいだきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらい陰でばかにしているのしっているからねあたまもからだもおもいずっと泣いている神経衰弱精神病これはフェータルだ嘔吐さっき食ったパスタがぽろぽろ口から出てくるのがおもしろいからっぽぜんぶからっぽ手指の衝動のままにすべてをする手癖で自傷だダサいよねほんとさっきから弟の声が窓の外であっち行ったりこっち行ったりしてるの聞こえてるからねぜんぶきらいだきちがいめわたしもろともしね