読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はきだめ

たのしくいきたい

私のことを誰かから隠そうとする誤魔化す誰かの目を気にする、その行為、心理すべてがすべてわたしを悲しくさせる

きっとわたしが悲しい顔をしても君は気付いてくれないだろうしわたしはにこにこと笑っているね

 

化粧をして、眼鏡を取った姿が良いと言われた

出会った時のことや私のことを昨日の夜考えていたと言われた

貴方の考えていることは何もわからないけどわたしにとって嫌なことでないといいな、とだけ思った

こうして知らない街で貴方のことをいつまでか分からず待つだけで不安や杞憂で押しつぶされてしまいそうになるからはやく側で私のことを馬鹿にして笑ってほしい、にっこり

 昨夜、無意識に彼の首元を絞めることをしてしまった、わたしはもう歪んでしまって駄目になっているのかもしれない、赦して、ゆるして

一緒の空間にいて、かつ、わたしが肌を擦り付けていないと忘れられてしまいそうな気持

忙しく、連絡も、簡素で素っ気ないもので、ああこうしてすれ違って消えていくのかしらなんて想像で勝手に悲しくなる

忘れないでよ嫌わないでよわたしは好きよずっと好きよ忘れないから忘れないで

名前を忘れた友達ありがちな黄色い声と薄っぺらな再会と身の詰まっていない祝辞とへらへらとつるみ、はみ出し者を笑うクソみたいな田舎のメンタリティわたしはこの土地が嫌いだ嫌いだ

とにかく寒く、死んだ目でオンラインゲームをしながら永遠と何かを食んでいる

不健康なのが最高に嫌なのでリカバリーはやくと思って薬を飲んだりただひたすらに寝たり長風呂をするなりしているが、啜る鼻水は力虚しく垂れて口に入ってくるし

君と居るのに慣れてしまって独り、病に伏して心も弱ってしまっている、わたしの心は脆弱だね

日中治ってくれよとずっと寝ていたせいでいまとても眠くないけど寝なきゃいけない、睡眠薬は在庫切れだし布団に入って無理矢理めをつぶっていよう

鼻詰まりの酷さが睡眠を妨害するだろうね

週末に控えた君とのデートを壊したくないから全力だよわたしは

 

悲しいような寂しいようなうたを聞いてオナニー的悲しみに苛まれているけどきっとどっか狂ってるからこのクソみたいなオナニーを一生やめれないんだねぇとぼやぼやとおもうよ

悲しい思いをしただけ誰かやモノを愛していきたいけどきっとどんどん私の世界は気持ち悪いくらいのスピードで変わっていくから復讐したいアイツとかみんな私の世界線からは消えてなくなってるんだろうなさみしい気もするけどどんどんつくろう最愛世界

きみたちのわたしの知らないすべてを知ることはとっても苦痛でキモいんだけどたぶんそれは知覚できない世界が妄想織り交ぜ情報としてぶわわと流入してくるからだよね知らないものって本能的にキモいもんね、だから能動的になんか知ろうとしないし無知で馬鹿なふりをずっとしている安全策

将来のことをかんがえる、志望理由と将来の夢を提示しなきゃちゃんと生きられないんだってさ、感覚に頼って生きるのはあまり推奨されていない

理由を掘り下げて、分析して、反映させて、分析、理詰めの活動

あたまわるいので社会的なこういうことすごく苦手だから全部逃げたいけどしなきゃいけないからするのでした、しなきゃいけない、やらなきゃいけないを少しづつでも消化できるようになってきたかしらわたし、変われてるかしら

いままで殺してきた長い長い無為な時間は無駄ではなかったと信じたいけれど

ひとは何かを為すために生きているのならばその期間きっとわたしは死んでいたのでしょうね

400字程度で表す将来の夢なんて、莫大な自分の思想や思考や今までの葛藤含めたらたぶん1mmも表現できないので文章化やっぱり嫌いだ